エジプト戦役 16:ナイルの海戦(アブキール湾の海戦)<終盤> 
Battle of the Nile, Late stage

戦闘再開とフランクリンの降伏

1798年8月1日11時過ぎ頃、フランクリンの降伏

※1798年8月1日11時過ぎ頃、フランクリンの降伏

 両艦隊の乗組員たちがフランスの旗艦オリエント爆散の昏迷状態から立ち直るまで10分以上かかった。

 1798年8月1日午後10時10分過ぎ、沈黙を破ったのはフランクリンの砲撃だった。

 イギリスの各艦艇はフランス艦隊中央の風下(南東方向)に向けて砲撃を再開し、10時20分まで続けたがその後約10分間砲撃は完全に停止した。

 (恐らく)午後11時過ぎ頃、負傷しながらも攻撃を命令し続けたシャイラ少将が乗船するフランクリンは、メインマストとミズンマストを失い、すべての砲を潰され、乗組員の半数が死傷していた。

 フランクリンは周囲をオリオン、ディフェンス、スウィフトシャー、リアンダーに囲まれ、フランクリンを支援可能な味方はいなかった。

 もはや戦闘を継続できなくなって降伏を余儀なくされ、シャイラ少将も捕虜となった。

 その後すぐに数隻のイギリス艦がマジェスティックを救援するためにトゥノンへの本格的な攻撃を行なおうと動き出した。

 この時点でイギリス艦艇のほとんどはマストと艤装の損傷が酷く、帆を開くことも、停泊地点から移動することもできなかった。

 動くことのできたイギリス艦艇はアレクサンダー、スウィフトシャー、マジェスティックのみだった。

 アレクサンダーはトゥノンの船首側、マジェスティックはトゥノンの右舷船尾側に停泊しており、スウィフトシャーはトゥノンを攻撃するために移動を開始した。

 近づいてくるスウィフトシャーを見たトゥノンは砲撃を行った。

 しかしスウィフトシャーはアレクサンダーを避けてトゥノンを砲撃することができず、一方的に砲撃を受ける形となった。

フランス艦隊右翼の戦闘開始と2時間の戦闘停止

 日付が変わった8月2日午前0時16分、ヴァンガードも降伏したフランス艦艇を拿捕するためにヴァッサル海尉率いる海兵隊の一団を派遣した。

 一方、フランス艦隊右翼側では3隻のイギリス艦に囲まれているトゥノンを見たヴィルヌーヴ少将が遂にイギリス艦隊への攻撃を決意した。

 ティモレオン、ギョーム・テル、メルキュール、ジェネルーの4隻の戦列艦がトゥノンを救うべくアレクサンダー、スウィフトシャー、マジェスティックへの攻撃を開始したのである。

 しかし暗闇のためかどうかは定かではないがその行動は若干の混乱を伴い、ジェネルーがティモレオンへの誤射を行うなどのアクシデントもあった。

 その影響もあったためか倍する戦力であるにもかかわらず午前2時55分までの間にメルキュールは戦列から外れることとなり、風下にかなりの距離を置いて停泊する状況となってしまった。

※資料に直接の記述は無いが、状況的にアレクサンダー、スウィフトシャー、マジェスティックがトゥノンへの攻撃を開始した後、右翼を指揮するヴィルヌーヴ少将はその攻撃に対応するために艦の配置を変更し攻撃を開始したと考えられる。

 ウールーはオリエントの爆散時の被害ですでに戦列を離れており、メルキュールとともに浅瀬に乗り上げていた。

 ヴィルヌーヴ少将はジェネルーからの誤射によって舵を破壊されたティモレオンに対し座礁したウールーとメルキュールを護衛するよう命じた。

 この時点ではその他のイギリス艦艇は未だ動き出せずにいる状況だった。

 そして8月2日午前2時55分、再び砲撃が完全に停止した。

戦闘再開とテセウスのフランス艦隊右翼への突撃

1798年8月2日午前6時前後、テセウスのフランス艦隊右翼への突撃

※1798年8月2日午前6時前後、テセウスのフランス艦隊右翼への突撃

 両軍の砲撃が停止している時を利用してネルソンはアレクサンダーとディフェンスからのボートを受け入れ、残されたフランス艦隊と相対するための準備を整えるよう命じた。

 午前5時5分過ぎ、フランス艦隊右翼の2隻が砲撃を開始した。

 テセウスを指揮するミラー艦長はイギリス艦2隻(アレクサンダー、マジェスティック)とフランス艦4隻(ギョーム・テル、トゥノン、ジェネルー、ティモレオン)との数的劣勢な戦いを見て、友軍を助けるためにフランス艦隊右翼に向けて移動を開始した。

 テセウスは幸いにもマストと艤装の被害はほとんどなく、フランス艦隊左翼を制圧するとすぐにミラー艦長は艦の修復作業を行なっていたため他の艦に先立って行動を開始することができたのである。

 午前5時54分、フランス戦線中央左側に陣取っていたフリゲート艦アルテミーズ(Artemise)が移動中のテセウスに舷側からの砲撃を加え、砲撃を命中させた。

 テセウスのミラー艦長はアルテミーズに反撃した。

 しかしその後すぐにアルテミーズの戦艦旗が下げられた(敗北を示した)。

 発砲直後に敗北を示すという行為は戦場で忌み嫌われる行為だった。

 降伏後、ミラー艦長はアルテミーズを占領するために乗船隊を派遣した。

 テセウスの乗船隊がアルテミーズの近くまでボートで接近したとき、アルテミーズ艦長エスタンドレット(Estandlet)は艦に火を放ち、乗組員の一部とともに海岸へ逃亡した。

 別のフランスのフリゲート艦シリウーズ(Sérieuse)は、イギリス艦のいくつかからの砲撃によって沈没した。

 しかしシリウーズの残骸は水上に残っていたため乗組員はそれらにしがみついて水面に浮かび、その後イギリスのボートに救助され捕虜となった。

フランス艦隊右翼への戦力の集中

 午前6時、フランス艦隊左翼と中央をほぼ制圧したネルソンは、戦力をフランス艦隊右翼に集中させるよう命じた。

 ゴリアテは錨を揚げて南へ向かい、まだ攻撃をしていないフランスの艦艇に向かった。

 最も遠く離れていたジーラスも錨を揚げて前進した。

 ほとんど被害がなかったリアンダーもネルソンから交戦中の艦艇を支援するよう合図で命令され、それに従った。

 この時点で、イギリス艦隊のアレクサンダー、スウィフトシャー、マジェスティックの3隻とフランス艦隊のギョーム・テル、ジェネルー、トゥノン、ティモレオンの4隻との距離は遠く、両艦隊は離れて砲弾を放っていた。

 これはフランス艦艇が気付かないうちに風下に流され続けたためだった。

 そのため座礁しているウールー及びメルキュールとの距離も離れ続けた。

 テセウスが戦場に到着し、午前6時40分にゴリアテが発砲を開始した。

 10分後の6時50分、フランス戦列艦の1隻が大砲を発砲してゴリアテに応戦した。

 先に戦っていたイギリス艦3隻にテセウス、ゴリアテ、そしてリアンダーが加わり戦力差は完全に逆転した。

爆弾艦エルクールの爆発とウールー及びメルキュールの降伏

1798年8月2日午前9時~10時頃、ウールー及びメルキュールの降伏

※1798年8月2日午前9時~10時頃、ウールー及びメルキュールの降伏

 午前8時頃、火災の起きたフランス艦が波に流されていくのがロゼッタから見えた。

 その30分後、全く火災が発生していないと思われた別の船(恐らくエルクール)が突然爆発した。

※Nicholas Harris Nicolas著「The Dispatches and Letters of Vice Admiral Lord Viscount Nelson , 第3巻」によると1798年8月3日の集計時点において「焼失」と確認されたフランス艦はオリエント、ティモレオン、アルテミーズ、エルクールの4隻である。オリエントは8月1日に爆散し、アルテミーズは燃えているのを確認できる状態であり、ティモレオンは最後に爆発しているため、この時に爆発したのはエルクールだと考えられる。

 ロゼッタのアブマンドゥル塔からの観測によると「その爆発は前夜の爆発(オリエントの爆発)と同じくらい恐ろしいものだった。」とのことである。

 そして火災が起きたフランス艦は岸から遠ざかるにつれて炎はいつの間にか弱まり、乗組員が火を完全に消すことに成功したかのように見えた。

 その後テセウスは方向を変え、海岸際に停泊しているウールーとメルキュールの元に向かった。

 ゴリアテもそれに倣ってテセウスの近くに停泊してウールーを攻撃し、アレクサンダー、マジェスティックはメルキュールを攻撃した。

 この攻撃によりウールーは戦艦旗を降ろすことを余儀なくされ、メルキュールはアレクサンダーの乗船隊によって占領された。

 この時点で戦っているフランス戦列艦は大破し操舵不能となりながらも抵抗の意思を見せているトゥノン、舵が破壊されて南に漂流し友軍と離れたティモレオン、損傷軽微のギョーム・テルとジェネルーの合計4隻であり、健在なフリゲート艦はディアーヌとジュスティスのみとなっていた。

ティモレオンの爆発とナイルの海戦の決着

 イギリス艦3隻と勇敢に戦っていたティモレオンだったが、不利な戦いにアンカーケーブルを切断することを余儀なくされ、海岸へとさらに南に漂流して座礁していた。

 ロゼッタからの観測によると交戦中のフランス艦艇の何隻かは意気消沈しているように見え、両艦隊は混ざり合って戦っていたため遠くからの観察ではフランス艦隊かイギリス艦隊かを区別することも、どちらが有利なのかも見分けることができなかった。

 午前10時12分、ティモレオン艦長トゥルレは拿捕されるのを阻止するために艦に火を放ち、乗組員の一部とともに海岸へ逃亡した。

 午前10時57分、イギリスの戦列艦がフリゲート艦ディアーヌとジュスティスに舷側を向けて停止し、砲撃を開始した。

 午前11時、戦いを避けるためにジェネルー(Généreux)とギョーム・テル(Guillaume Tell)はアンカーケーブルを切断して2隻のフリゲート、ジュスティス(Justice)とディアーヌ(Diane)、ブリッグ船サラミーヌ(Salamine)とともにアブキール湾の外に出た。

 航行不能となっているトゥノンは戦場に取り残されその場に留まり続けた。

 この時のトゥノンには多くのフランス兵が救助され、甲板上に溢れていたと言われている。

 午前11時過ぎ、アブキール湾から出たフランス戦列艦2隻とフリゲート艦2隻はイギリス艦隊の大砲の遥か射程外で錨を降ろして海上に浮いていた。

 この時、適度な風があり、空は晴れていた。

 ネルソンはアブキール湾沖に浮かぶ健在な4隻のフランス艦艇を警戒しつつ降伏・占領し座礁しているフランス艦艇を再び水上に浮かび上がらせ、曳航するための準備などを行った。

 午前11時47分、海上に漂流して座礁し炎が火薬庫にまで燃え広がったティモレオンが遂に爆発した。

 ベレロフォンがアブキール湾東端で修理中であると気付いたジュスティスはベレロフォンを拿捕するために接近を開始した。

 しかしジーラスがジュスティスを追跡し、ベレロフォンにフリゲート艦ジュスティスが乗り込むのを阻止した。

 午後12時45分、ジーラスがフランス艦隊の逃亡を阻止するためにアブキール湾沖に停泊しているフランス戦列艦2隻とフリゲート艦2隻に向けて発砲を開始すると、フランス艦隊はしばらくしてからアブキール湾沖から東に撤退して行った。

 その際、ヴィルヌーヴ少将はアブキール湾の海戦について報告するためにサラミーヌを分離し、ボナパルトの元へ派遣した。

 ジーラスのフッド艦長はヴィルヌーヴ少将の指揮する4隻のフランス艦を追跡しようとしたが、ネルソン戦隊の損傷は酷くジーラスを支援できる状態の艦はなかった。

 そのためジーラスはネルソンに深追いをしないよう止められ、呼び戻された。

参考文献References

・Correspondance de Napoléon Ier: publiée par ordre de l'empereur Napoléon III,第4巻

・Napoleon Ⅰ著「Guerre d'Orient: Campagnes de Égypte et de Syrie, 1798-1799. Mémoires pour servir à l'histoire de Napoléon, dictés par lui-même à Sainte-Hélène, et publiés par le général Bertrand, 第1巻」(1847)

・Nicholas Harris Nicolas著「The Dispatches and Letters of Vice Admiral Lord Viscount Nelson , 第3巻」

・James Stanier Clarke and John M'Arthur著「The Life of Admiral Lord Nelson from His Manuscripts: Volume 2」(1809)

・Cooper Willyams著「A Voyage Up the Mediterranean in His Majesty's Ship the Swiftsure」(1802)

・「Histoire des Combats D'Aboukir, De Rrafalgar, De Lissa, Du Cap Finistere, et de plusieurs autres batailles navales, Depuis 1798 Jusqu'en 1813」(1829)

・John Marshall著「Royal Naval Biography,Vol 1. Part 2.」(1823)

・Edward Pelham Brenton 著「The Naval History of Great Britain: From the Year MDCCLXXXIII to MDCCCXXII,Vol II.」(1823)